信販系キャッシング

MENU

信販系のキャッシングについて

信販,キャッシング,クレジットカード,融資

キャッシング会社は大別すると消費者金融系キャッシング、
信販系キャッシング、銀行系キャッシングの3種類があります。

 

このうち信販系キャッシングの金融会社とは、もともとはクレジットカードを中心に業務を行っている金融会社です。

 

信販系キャッシング会社の多くは、銀行など他の金融機関が
子会社として信販会社を設立しており、金融業務を行っています

 

クレジットカード会社が、キャッシングを行うのは、一体どうしてだろうと考えている人も少なくはないようです。
ですが、もともと、キャッシング機能が付帯しているクレジットカードも珍しくありませんでした。

 

お金を貸すことに関しては信販系の金融会社も独自のノウハウや顧客を持っているので、キャッシングの業務をする事はそう難しいものではなかったのです。信販系のキャッシング会社は、銀行系のキャッシング会社ほどでばありませんが、比較的低金利での融資を受けることができます。その背景には、信販会社の取り扱っている資本の規模が大きいことがあります。申し込みをしてから、実際に融資を受けるまで時間がかからないことも、嬉しいポイントです。

 

信販系キャッシングの手続き終了までの早さは、銀行系より早く、消費者金融系よりは遅いくらいだと言われています。申し込みが簡単で、すぐに融資が受けられるということから、信販系キャッシングを好んでつかうという人は、少なくありません。

 

信販系のキャッシングには、様々な付帯サービスが充実していることが多いので、利用する時にはぜひ調べてみるといいでしょう。

 

信販系キャッシングの審査について

 

信販,キャッシング,クレジットカード,融資

信販系キャッシングの審査の待ち時間や、審査の条件はどの程度なのでしょうか。

 

審査の条件を単純に比較すると、最も厳しいところが銀行系キャッシング、続いて信販系キャッシングとなっているようです。
消費者金融系キャッシングは、審査の難易度がゆるく、融資を受けやすい金融機関だと言われています。

 

低い金利でお金が借りられるキャッシングは審査が難しく、審査に通り安いところほど、高金利での融資になっているようです。その点、信販系キャッシングでは、審査の通りにくさや、金利の度合いは、真ん中らへんです。消費者金融系キャッシングほど審査が短時間では終わらないので、即日キャッシングには向きません。

 

信販系キャッシングは、銀行系ほキャッシングほど待つ期間は長くないので、比較的余裕がある時は信販系キャッシングがいいでしょう。
最近は、信販系キャッシングでも銀行系キャッシングと変わらないくらいの低金利の融資もあるようです。
とはいえ、信販系キャッシングの場合、キャッシングの利用時にトラブルがあった人には、審査がきつくなると言われています。
今まで、クレジットやキャッシングを使ったことがある人のうち、トラブルの経験があるという人は気をつけましょう。

 

ただし、キャッシングの利用歴がある人が、一律で評価が下がるということはないと言われています。高額融資を受けていたとしても、確実に返済を済ませているのであれば、逆に返済実績となって信販系キャッシングの審査時には評価されることもあります。

 

信販系キャッシングの長所

 

信販,キャッシング,クレジットカード,融資

信販系のキャッシングを利用している人は多いようですが、他のキャッシングと比較して何が長所なのか調べてみました。信販系キャッシングの特徴は、元来、クレジットカード会社であることです。

 

クレジットカードのクレジット機能を抜き、キャッシングのみのカードとしてカード発行を行っているという金融会社もあるようです。クレジットカードとして名前が広く知られていることも、信販系キャッシングの特徴的なところです。ネームバリューを信頼して、キャッシングを利用する人もいます。

 

信販系のキャッシングは、低金利での貸付も多く、最近は即日融資が可能なところもあって手軽に利用できます。
銀行系キャッシングは敷居が高いけれど、消費者金融系のキャッシングは躊躇するという人には、信販系キャッシングがちょうどいいかもしれません。

 

様々なサービスがついていることも、信販系キャッシングのいいところといえます。たくさんキャッシングを使うとポイントが入り、
買い物の割引サービスとして使えるという特性があります。頻繁に行くショップがあるというという人は、その会社が発行している信販系キャッシングカードを使うことで得ができるともあります。

 

信販系キャッシングを利用する時は、その信販会社から提供されている独自のサービスについて調べてみるといいでしょう。

キャッシングとカードローンの意味の違い

個人を対象に、無担保で小口の融資を行うサービスをキャッシングといいます。
英語で現金を意味するCashが原形です。カードローンはカードを用いて、お金を借りることができるサービスになります。

 

コンビニや金融機関で設置されているCDやATMと呼ばれる機械をカードを差し込んで操作するようになっています。
融資の申し込みをする時は、ATMからの手続きを行うことになりますので、まるで口座からお金を出しているようです。

 

今では、ほとんどのキャッシング会社がカードをつくっていますので、カードローンとはキャッシングのことにもなっています。
かつては、キャッシングサービスを行っていた金融会社は、お金を貸し付ける時には、店舗窓口まで来てもらうというスタイルでした。

 

コンビニにATMが置かれたり、提携銀行の数が増えたことによって、キャッシングカードを使ってお金のやり取りをする
スタイルになりました。
最初のころは、キャッシングといえば、消費者金融が提供する個人向けの小口融資サービスのことを意味していました。

 

同じようにカードローンといえば、銀行などの金融機関が提供する個人向け小口融資というように、呼び方は異なっていました。カードローンと、キャッシングには、明らかな違いがありましたが、現在では違いが完全に埋まってきています。

 

最近では、銀行がバックにいる消費者金融会社も登場しており、カードだけでくネットバンクからのお金のやり取りもふえて、
状況は変わっています。
もとは消費者金融会社でも、銀行がバックについたことでカードローンと名乗るようになったりと、名称だけでは区別が
つかなくなっています。